借金減額に
一番効果的な方法

報酬体系がオープンで安い
24時間相談可能、親身な対応
債務整理の実績多数
01

借金は5分の1に減額できる!

借金減額ができれば生活を立て直せると思っている多重債務者は多いと思います。借金減額方法はいくつかありますが、一番確実で減額幅が大きいのは債務整理の個人再生ということになります。この個人再生で借金の総額を1/5まで圧縮することが可能なのです。

もしあなたが正社員アルバイト問わず毎月定収入のある方であるならば、個人再生の手続きで大幅な借金減額が可能となるでしょう。個人再生は弁護士や司法書士に任せて裁判所で手続きをしてもらうことで再生計画が認可されます。怪しい借金額方法ではなくこれが正しいやり方なのです。色々と借金の工面に追われているのではないですか?あなたはすぐにでもこの個人再生手続きで最大の借金減額が可能です。

債務整理のことは何も分からないままでもOK。個人再生に適任な司法書士を当サイトでご紹介しますので、まず電話相談の予約をしてみましょう。実績のある評判のいい司法書士さんです、ご安心ください。

元多重債務者である私ノマドタスクがあなたの借金減額をサポートします。以下私がまとめてきた債務整理に関する様々な情報を無料でご提供していきます。債務整理はお金もかかりますし何かと不安な面もありますが、私も自己破産経験がありますが最悪の事態になる前に、債務整理で借金減額が成功するように願っています。

02

借金減額に必要なもの

債務整理をするにあたっての心構えと準備をしておきましょう。
定収入
定収入があること

債務整理は定収入があるからこそ返済計画をキチンと立てることが来ます。正社員でなくともアルバイトでも毎月の返済力をアピールできれば個人再生は可能です。弁護士費用なども積み立てる必要がありますので借金減額の前に仕事を確保しておきましょう。現在無職の人は自己破産を検討しましょう。

専門家
専門家に依頼する

個人再生をはじめ債務整理は裁判所の手続きや業者との和解交渉がありますので基本的に専門家に任せる方向で考えてください。弁護士費用等はかかりますが結果的にトータルで減額幅が大きくなりますし、業者との連絡窓口になってもらえるというのは安心ですよね。受任後は督促の電話も来なくなります。

理解
家族の理解

債務整理を家族に内緒でしたいという方は多いですが、裁判所を経由する個人再生や自己破産は隠しきるのが大変ですし、家族や恋人のバックアップがあった方が返済のリスクを減らす上でも重要だということです。もし完全に内緒で借金を解決したい方は裁判所を経由しない任意整理の方を選択しましょう。

決意
借金をしない決意

債務整理をするとカードも当面は作れませんしローンも組めません。当分の間は借金をしないという覚悟が必要になります。おまとめローンなどはまたカードを使ってしまう可能性が高く、債務整理で完全にカードにハサミを入れて処分する決意でいきましょう。完済日が決定後あと3年の辛抱です。

03

記事を読みイメージを掴もう

借金減額における留意点と個人再生に関する記事を9つピックアップします。

正しい借金減額方法はこれ!押さえておきたいポイント3つ

「弁護士に個人再生の申立てを依頼した人」の体験談

仕事が順調だったら借金返済は怖くない!仕事を最優先に守る法則

借金減額はどの債務整理がお得なのか?おまとめローンも比較してみる

繰り上げ返済しない借金返済!ストレスフリーな借金に変える方法

節約をしないで借金を減らしていく方法!バイタリティーアップで人生を切り開く秘訣

「誰にも知られずに任意整理している人」の事例

「個人再生の質疑応答(車ローン・保証人・差し押さえ・不動産)」

個人再生はここに気を付けろ!気になるポイント総まとめ
04

相談前の大切なポイント

司法書士に相談する前に注意しておきたいポイントをまとめました。
Advisor
嘘を付かない

司法書士との電話相談で聞かれたことは正直に話しましょう。借金を隠したり、金額で嘘をついても後でバレた時に問題になることがあります。特に個人再生は裁判所を経由しますので気を付けましょう。

Unlimited
分割相談は可能

債務整理をするにあたってお金が無いという方でも報酬は分割にしてもらえます。無理のない返済にするためにも債務整理の為の新たな借金はしないようにしましょう。収入が少ない方は法テラスの幇助制度もあります。

Ultimate
提案を聞く

司法書士はあなたの借金の事情や収入に応じて任意整理・個人再生・自己破産を選択し提案すると思いますが、支払いができなくなるリスクも考えてのことです。長期的な視野で臨機応変に借金減額を考えていきましょう。

Smart
分からない事は質問する

事務員の方が親切丁寧に説明してくれますが、自分でわからないことがあった場合はキチンと質問して解決しておきましょう。行き違いになって思わぬトラブルになる場合もあります。信頼関係と同時に債務整理の理解度はある程度必要になります。

Strict
支払いは余裕のある金額に

債務整理で減額後の返済スケジュールは今よりも軽くなると思いますが、あまりに厳しい金額ですと途中で支払いができなくなりますので、余裕を持った金額を設定してもらってください。毎月の支出も正直に話しておきましょう。

Attract customers
積立用の資金を作る

司法書士が受任する際に着手金が必要ですが、分割で支払う場合でもある程度資金を貯めておく必要があります。相談した月からは和解まで数ヶ月間は借金の支払いが必要なくなるので無駄使いせずに貯めておきましょう。

05

借金減額までのプロセス

借金減額相談までは無料です。司法書士が受任してから各業者に通知することで電話や書類の督促がストップします。
01

電話相談

司法書士のフォームから電話相談予約をしましょう。折り返し電話が来ます。電話相談は全国対応で無料です。自分で判断せずに専門家の意見を聞いてみることでたくさんの可能性が広がります。

02

説明を聞く

債務整理をよく知らない方でも丁寧に説明していただけますので安心してください。分からないことは遠慮せずに聞くことと、報酬体系やどのくらいの期間がかかるか等確認することをおすすめします。

03

受任

司法書士は受任をするとまず業者に対して書類で受任通知を発送します。その段階であなたへの督促がストップし窓口が司法書士になります。債務整理の方法によって時間はかかりますが支持に従ってお任せしましょう。

04

和解~支払い

任意整理の場合は和解、個人再生は再生計画が認可されたタイミングで新たに減額した金額の支払いが始まります。基本的に3年になりますが、延滞の無いように完済までがんばりましょう。

06

借金減額にオススメの司法書士

アース司法書士事務所をご紹介します。お値段も安く実績も豊富、個人再生に力を入れており、借金減額における債務整理を得意としている司法書士事務所です。他に弁護士事務所などもリンクよりご紹介しています。


詳細はコチラから
定収入
実績多数

アース司法書士事務所は債務整理実績5000件以上。債務整理の実績が多いというのは安心材料です。より良い条件での交渉や各種手続きがスムーズに行えます。数多くのトラブルも解決しています。

専門家
価格が安い

個人再生など比較的報酬が高いものがありますが、弁護士よりは司法書士の方が比較的報酬は安めに設定されています。初期費用が安くてもトータルで安くなければ意味がありません。

理解
幇助制度OK

収入が少ない方は分割払いで対応できるだけでなく、法テラスの幇助制度を使い月5千~1万円での支払いに抑えることが出来ます。諦めずに支払いに関する相談もしてみましょう。

決意
個人再生が得意

個人再生を得意としている司法書士事務所に任せましょう。再生計画においても迅速で明確なアプローチが可能だからです。任意整理しか受けない事務所は多いですがやめておきましょう。

相談はコチラから
07

借金減額を成功させる

あなたが間違った債務整理でトラブルに巻き込まれないように注意点をまとめておきます。
Blog featured image
ネットでは減額シミュレーターなどフォーム入力系相談サイトはおすすめしない。

このようなサイトのフォームに個人情報を入力すると後日電話がかかってきます。報酬体系や契約内容が予めオープンになっている司法書士・弁護士に申し込みましょう。取引明細書を取り寄せて再計算してから借金減額の見通しを立てるべきです。

相談の申込みは必ず弁護士か司法書士のフォームからしてください。その際に申し込む事務所の報酬体系などもしっかり確認しておきましょう。

債務整理と借金についてまとめたブログ
債務整理と借金返済に役立つ業界裏話しをまとめた「借金返済大作戦ブログ」債務整理の口コミをまとめた「自己破産者のFXブログ」他におまとめローンは「借金一本化」など。以上私ノマドタスクがまとめた借金減額に役立つサイトをご紹介しておきます。

借金の督促・給料差し押さえ・裁判など緊急時の対応などは難しいものがありますよね。自分と同じシチュエーションの口コミ体験談があれば参考にできますし、素早い対応ができるのではないでしょうか。また借金減額についても先人の体験は大いに参考になります。

自己破産「免責不許可」についての体験談
自己破産を申請又は検討している人の体験談
「自己破産免責までの相談(破産審尋・自由財産・本差押え)」事例
「自己破産の弁護士費用を払わずに督促を受けている人」の事例
「自己破産後の喪明け前に住宅ローン組むことができた」事例
「自己破産後の生活改善(携帯・家・貯金)」事例
「過払金返還に成功した私のノウハウ」事例
「アコムの過払い金返還訴訟と和解」の事例
「プロミスの過払い金返還訴訟と和解」の事例
「三菱UFJニコスの過払い金返還訴訟と和解」の事例
「弁護士に依頼した過払い請求の進捗が遅すぎる」事例
「弁護士に個人再生の申立てを依頼した人」の体験談
「民事再生の質疑応答(車ローン・保証人・差し押え・不動産)」事例
「個人再生で不動産担保ローン処理できず弁護士解任」事例
「任意整理の返済が終わった人!」の事例
「任意整理の弁護士相談または返済中の人」事例
「任意整理で減額に成功し順調に返済している人」の体験談
「誰にも知られずに任意整理している人」の事例
「一部上場に勤めている人の自己破産・個人再生」の事例
「自己破産者が保険外交員になれる?会社にバレる?」の相談事例
「司法書士に依頼し借金完済!あの頃を振り返って」体験談
「任意整理後の住宅ローンとクレジットカード」の事例
「個人再生完済後にクレジットカードを作れた人」の事例
「CIC・JICC・KSC信用情報の開示結果と対策」の事例
「過払い請求後の信用情報(契約見直し・完済・解約後)」の事例
「リボルビング払いで借金地獄になった」事例
「ギャンブルの借金から貯金できた人」の事例
「クレジットカードの支払いが遅れてしまった」事例
自己破産した医師の体験談・トピック
「交通事故の損害賠償は自己破産で逃げられる?」の相談事例
「裁判所から支払督促や仮執行宣言付支払督促がきた人」事例
「簡易裁判所の支払督促・出廷・答弁書・小額訴訟」の体験談
「クレジット滞納で給料が差し押さえられた」事例
「家族に多重債務者がいて泣かされている人」事例
「連帯保証人で自己破産した人」の事例
「消滅時効援用通知書を送って信用情報が消えた人」事例
「携帯・スマホを強制解約された人」の事例
「家賃滞納で内容証明・裁判・追い出された人」の事例
「国保税・住民税・自動車税滞納で差押えされた人」の事例
「国民年金の特別催告状と免除申請」の事例
「奨学金を滞納・減免・放置している人」の事例
「おまとめローンの審査に通った人」の事例
【債務整理Q&A】弁護士対応・報酬・解任・法テラス事例集
「ヤミ金の借金返済トラブルとその対策」の事例

債務整理アフィリエイトグループの更新情報や債務整理・借金に関する情報を発信。
08

動画「個人再生とは」

Click to play the video
09

ノマドタスク

当サイト推薦者のノマドタスクです。元多重債務者ですが私の場合は自己破産でした。資産がなく私のように運営していた会社が廃業になったり失業になった方は自己破産での検討をおすすめします。固定給が現在あり借金を減額できそうな方は個人再生にチャレンジしてみてください。住宅ローンも除外できる制度もあります。今は自己破産をしなくても自宅は守れます。借金を完済して自由を勝ち取ってください!

Your Message Successfuly Sent